源泉所得税に関する悩みや不安を解消!

源泉所得税の納付や書類作成に関することならおまかせください

源泉所得税の書類作成代行サービス会社もあるんです

トップ

源泉所得税、または源泉徴収といった言葉
経営者や会社を設立していない人にとっても耳なじみのある言葉ではないでしょうか。
ですが、源泉所得税や源泉徴収、
確定申告といったようにTVなどでも聞く言葉だけど詳しくはわからない、
言われたとおりにやっているだけといった社会人も意外にも多いようです。
会社を経営し、従業員を雇う上で必ず発生するのが従業員の給料になります。
源泉徴収者となる経営者は従業員に支払う給料の中から所得税を天引きして一度預かり、
それを給料を受け取る従業員に代わって毎月納付しなければいけません。
これはかならずしも必要なことなので、毎月しなければならないのですが、
それでも毎月銀行や郵便局で納付をするのは手間になるというもの。
そういった際、条件付ではありますが、この源泉所得税の納期の特例の承認に関する届出書を提出する事によって
毎月納付しなくても良いようになります。それでは条件とは一体どういうことなのでしょうか?
条件:給料の支払をしている従業員が会社で常に10人を下回っている場合のみ
小規模な会社であればこの制度が利用可能という事です。
また、この届出書が承認された場合は、半年に一度納付をする事になります。
一度目は1月から6月までの間の源泉所得税を、翌月の10日までに。
二度目は7月から12月までの間の源泉所得税を、翌月の10日までに納付する事になります。
届出書が承認されても納付が免除されるというわけではないので、
半年に一度は必ず納付をしなければいけません。
また、毎月納付している場合と違って半年分の源泉所得税をまとめたものを
納付しなければならないので、 大きな額になることも注意です。

源泉徴収と年末調整

会社を経営している人ならもちろん知ってる、
むしろ避けては通れないのが設立のための資料の提出ですが、
それももちろん初めてでは何もわからなくても当然のこと。
勉強して調べて初めてわかるようになるものです。
起業をしようとしてる人でもわからないんだから、そうじゃない人が分からなくても当然です。
さらにはアルバイトであれば知らなくても常識知らずと罵られるのは
いささかかわいそうなのかも知れません。

言葉は知っているけど内容はよくわからない。
そんなキーワードの上位にあがるのがやはり年末調整と源泉徴収ではないでしょうか。
不況の昨今、安月給のために仕事とは別に複数のアルバイトなどを
掛け持ちしているという人も珍しくない世の中です。
複数の仕事をする場合、もちろん収入も複数から得る事になるのですが、
その場合は各仕事先から源泉徴収表をもらい、
自分で確定申告をしないといけなくなります。
ですが、そういった手続きをちゃんと出来ている人はなかなか少ないようです。

しかしながらなぜそのようなことになってしまうのか?
これは日本の教育制度に問題があるのではないでしょうか。
日本の学校の授業では、お金に関することは教えてくれなかった。
と、社会人なってから思った人は多いのではないでしょうか?
住民税や国民年金、国民保険はどういう仕組みで計算され、どうして支払わなければいけないのか?
仕事をして給料を得たり、事業で収益を得た場合にはどういった税金がかかるのか?
こういった誰もが知らなければいけない事柄こそを義務教育や高校の授業で教えてるべきではないでしょうか。
また、知識がない事で借金を抱え、その返済方法が分からずに追い込まれてしまったという経験を持った方も多くいらっしゃるでしょう。
借金は確かに自己責任ではありますが、時代がそうさせたと言っても過言ではありません。
お金は簡単に借りる事が出来ますが、正しいお金の使い方やお金の返し方と言った教育が無かったため、現状のようになっているのです。
現在、不景気であるため会社の倒産が次々と行われており、経済もその影響を受け、好景気とは言えない状態に陥っています。
そのため、弁護士に頼る債務者が急増していますが、ここで気を付けなければならない事は、すべてを弁護士に丸投げしてしまっては何の解決にもならないという事を気づかなければなりません。
このままでは、借金を無くすることはできますが、その知識を債務者が理解することは無く、同じ道を歩むだけです。
是非、お金に関する知識を付け、あなたの未来や家族の未来を守る努力をしてください。
どうしてもだめなら、借金問題に強い弁護士に解決の依頼を出しましょう。
学校を卒業してしまえば、必要なことは嫌でも自分で調べなければいけなくなるものです。
だから大人になると学生時代が恋しくなるのかも知れませんね。